式典:テープカットの準備

オープニングセレモニー式典:テープカットの準備

式典:テープカットの準備

準備するもの

●テープ(紅白リボンなど、最近ではロゴマークなどを連続印刷を施したものをオリジナルで製作することも増えました。)
●テープカット用リボン・・・人数分(オリジナルテープ使用の場合は省略されることもあります。)
tapecut_2●テープカット用はさみとはさみ用リボン・・・人数分
●白手袋・・・人数分
●お盆とふくさ・・・はさみを配布するために使用します。
●テープカット用ポール 2本以上(人数や長さなどで必要なポールを増やします。)
●ポールリボン・・・紅白リボンを蝶結びにして代用しても大丈夫です。
※絨毯なども適宜で用意しましょう。

テープカットの手順

1)白手袋は事前に配布しておいた方がよいでしょう。
2)必ずリハーサルでカットするタイミングを合わせるようにしましょう。
私が「はい」と言いましたらカットしてください。はいっそれではテープカットを始め・・・あっ切っちゃった
3)並ぶ順番は水戸黄門でご説明しましょう。
テープカット並ぶ順番
もちろん一番偉い黄門様は真ん中です。格さん助さんでは印籠を持つ格さんの方が格上です。黄門様の左手側(向かって右)が二番手の格さん、右手側(向かって左)が助さんになります。その後はさらに左手側・さらに右手側と続きます。
tapecut_4
ポールを追加する場合はできるだけ隙間が等分になるように入れていってください。

4)テープカットの仕方ですが、テープカット用リボンの左側のテープを握り右側をカットします。リボンは落とさずに握ったままハサミと一緒にすみやかに回収してもらいます。

Comments

comments

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ページ上部へ戻る