敬老の日 ご長寿のお祝いについて

ご長寿のお祝い

ご長寿のお祝い 早見表

chouju_hayamihyo

還暦とは

十干十二支(全60種)が巡り同じ干支の年がやってくることから60歳のことを「還暦」と呼びます。赤色のちゃんちゃんこや赤いものを贈るのがお祝いの基本のようです。

緑寿とは

「ろくじゅ」と読みます。2002年に日本百貨店協会が提唱した長寿のお祝いです。数えで66歳が「緑緑(ろくろく)」と置き換えられることから「緑寿」と定められました。

古希とは

中国の歌人:杜甫が「人生七十古来稀(人生七十 古来稀なり)」と歌に詠んだことから数え70歳を「古稀(古希)」と呼びお祝いされます。昔は70歳以上の長生きが珍しかったんですね。紫色の贈り物をされることが多いようです。

喜寿とは

「喜」という漢字が草書体で書くと「七十七」と見えることから名付けられました。ラッキーセブンが並んで喜ばしいです。

傘寿とは

「傘」の文字を略して書くと「八十」となることから「傘寿」と呼ばれています。孔子の論語にも「齢70・・・」までしか記述がないぐらいですが、今や日本では平均寿命が80歳を超えます。

米寿とは

こちらも漢字に由来して「米」の文字をバラバラにすると「八十八」となります。日本女性の平均寿命は男性より長生きでこの米寿あたりとなります。黄色が主体のものが贈り物によく選ばれます。

卒寿とは

旧字体で「卒」が「卆」と書かれ数え90歳を卒寿と呼びます。もう神の「粋(域)」ですね。

白寿とは

100=「百」から1=「一」を引くと99=「白」となります。冗談のようなユーモアのある長寿祝いのネーミングです。もちろん白色を主体にしたものが贈られます。

百寿とは

漢字のとおり数え100歳のお祝いです。世界一の長寿に認定された方も日本にいらっしゃいますが一世紀以上生きるということは歴史も語れるすごいことですね。「百」の字にちなんで桃(百)色を贈るそうです。

Comments

comments

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ページ上部へ戻る