ノーベル賞のメダル

ノーベル賞のメダル

ノーベル賞のメダルについて

日本でも馴染み深い世界的な賞といえばノーベル賞。
1901年より始まりもうすでに100年以上も続けられている権威ある賞です。
その賞を受賞された方に贈られるメダルをご紹介します。

ノーベル賞のメダルの図柄

図柄は各賞によって異なります。
アルフレッド・ノーベルの横顔を彫刻した表側は文化賞・生理学・医学賞・物理学賞・化学賞が共通でスウェーデンの彫刻家エリック・リンドバーグによってモデルが作成されました。彫刻されている「NAT-MDCCC XXXIII OB-MDCCC XCVI」はノーベルの誕生から没年を表しています。裏面はデザインこそ違いますが、淵に書かれた碑文「Inventas vitam juvat excoluisse per artes,」は全て同じです。平和賞はメダル彫刻家グスタフ・ヴィーゲランが設計しました。

ノーベル文学賞のメダル

歌を歌うミューズ(女神)と月桂樹の下に座って歌を書き留める若い男がデザインされています。

ノーベル生理学・医学賞のメダル

膝の上に開いた本をのせ、病気の少女の喉の渇きを癒やすために岩から水を汲む医者を表しています。

ノーベル物理学賞・化学賞のメダル

雲の中から現れた宝箱をもった自然の女神が覆っているベールを科学の神がそっと持ち上げ素顔を眺めている構図です。

ノーベル平和賞のメダル

三位一体を表しています。碑文「Pro pace et fraternitate gentium」※愛と平和のためにというような内容でしょう。
メダルの縁に受賞者の名前が刻印されます。

ノーベル経済学賞のメダル

スウェーデン王立科学アカ​​デミーのノーススターのエンブレムを示しています。
上縁に「Sveriges Riksbank (スウェーデン銀行)till Alfred Nobels Minne 1968」と刻印されいます。

メダルの仕様

1980年までは、66mmφのサイズで純金で作成され約200gの重量がありました。
以降は素材は18Kで24Kのメッキが施され、経済学賞メダルは約185g、その他は約175gに設定し製作されています。
一般にダイキャスト製の65φの既成メダルで約80g~110g程度(厚みにより前後します)だと考えるとかなり重量は重いことがわかります。

※参考:Nobelprize.org「The Nobel Medals

Comments

comments

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ページ上部へ戻る