思いを描く

思いを描く

夢が実現する

有名な話ですが、サッカーの本田選手は小学生の頃から「イタリアリーグセリエAのエースになる」と夢を語っていて、その夢を実現されました。テニスの錦織選手もまた同じように子供の頃からプロのテニスプレーヤーになることを誓っていたそうです。
夢が実現されることを見事に証明してくれたのですが、小学生の卒業文集に書いたすべての夢が実現したわけではないことが痛いほど身にしみます。

心に思い描く

「なぜ実現しないのか」きっと誰もが答えは分かっていると思います。要するに「努力しなかったから」

どちらの選手にしても並大抵ではない努力を重ねてきたと思います。それは間違いない。
努力はもちろん、心に思い描く人生のデザイン力も優れていたのだと考えます。
ちょっと努力したところでセリエAのエースになれる訳ではありません。なるために何をすればよいかをコツコツと続けてその通りに進んできた結果だと思います。

例えば、
夢「学校の先生になる」←「教員試験を受けて合格する」←「大学・短大を卒業する」←「学校に入るために勉強する」
簡単に描けばこの程度ですが、勉強する教科や合格ライン、受けたい大学の競争率や卒業する際に取っておかないといけない単位、様々な要素が必要になってきます。それを確実に拾い出してクリアしていくことで「夢」に辿り着くことになります。

心に思い描くのは最終の夢だけではなく、それまでの道筋のその時その時に何をすればよいか描かなければなりません。

流れ星へ願う

「流れ星に願い事をすると叶う」と昔からいわれています。以前テレビで、子供達から「本当に流れ星に願い事をすると叶いますか?」との質問に「はい、叶います。」と答えた方がいらっしゃいました。

流れ星は一瞬で通りすぎてしまい、見た時に願い事を考えていては願うことはできません。一瞬で通り過ぎる流れ星に願う事ができるくらい常日頃から心に思い描いている願いだからこそ叶う。

あなたの思いは流れ星に願い事をすることができるでしょうか?

大切なのはやっぱり心

もう一つ大切なことがありました。それは心。
助けてくれ導いてくれるのは、人です。心のない思いは誰も助けてくれません。
また、人を蹴落としたり欺いたりして手に入れたものはすぐに足元から崩れ落ちてしまいます。
素晴らしい花を咲かせ実を結ぶためには、ぜひ善い思いで貫いてください。

Comments

comments

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ページ上部へ戻る