「自分の役割」

自分の役割

働きアリに学ぶ

パナマに住む「葉切りアリ」の姿をテレビなどで見たことがある方も多いでしょう。
葉っぱを上手に適度な大きさに噛みきりせっせと巣に運んでいくアリさん達。
巣に運ばれた葉っぱは待っていましたとばかり巣で待ち構えていたアリが受け取り表面をきれいにしていく。
さらに細かく砕いて次のアリさん達にバトンタッチされ分泌液と混ぜられペースト状にされていきます。
もちろん巣穴を守る戦闘アリも必要で巣を荒らす敵が現れると死に物狂いで戦います。
そうやってアリさん達が様々な仕事をしています。
やがて、ペーストからキノコが育ちアリさん達のごちそうとなるのです。

それもこれも全ては子孫繁栄のため。
実際に産むのは女王アリのみですが、各自が繁殖活動をせず役割分担して皆を助けていくことでより効率的に子孫を残すことができるというわけです。

自分の役割を考える

私たちも社会にいると自らの役割があります。美味しい食事一つにしてもお米を作る農家の方がいたり食事を作るためのフライパンを作る人達がいたりします。さまざまな人達がいろんな仕事や役割をしてくれていて、自分もその一員であるからこそ豊かな暮らしを過ごせていると思います。

自分はどんな役割を担っているか考えてみて、社会においてどのように役立っているかが分かれば仕事にも張り合いが出ますね。

Comments

comments

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ページ上部へ戻る