バッジを製作する その3 《デザイン》

バッジ(Badge)

バッジのデザインについて

印刷以外はほぼ凹凸によってバッジは表現されます。
逆にいうと凹凸で表現できないものは全て印刷ということになります。
そして凸部分には印刷以外では色入れできません。基本メッキ色となります。

そして枠と違う色との間には必ず凸部分の線が入ります。
一つの枠に1色が入るイメージです。簡単にいうと塗り絵をぜひ思い出してみてください。

ではいよいよデザインを作成していきます。
バッジ デザインイメージ
例えばこちらのロゴの場合、版下デザインを3種類用意しました。
ABCとも全て黒が凸で白が凹です。

  • Aは枠と文字が凸です。ですので周囲に1色色入れ可能です。
  • Bは文字に色入れ可能です。周囲にも色入れ可能です。
  • Cは文字に色入れできますが、周囲には色入れできません。

実際に色入れしてみましょう。

バッジ(badge) 色入れ

分かりやすいように周囲の色は黒に、メッキ色は金を想定して色入れしてみました。

全体的な大きさにもよりますが、バッジのデザインとしてはAが◎、Bが◯、Cが△です。
その理由も合わせて次回は実際に作成する仕様とデザインを比べてみます。

Comments

comments

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ページ上部へ戻る