彫刻について

彫刻機 ダイヤ彫刻

表彰記念品の彫刻について

表彰記念品への彫刻は大きく3パターンが主な加工方法になっています。

1)機械彫刻

2)レーザー彫刻

3)サンドブラスト彫刻

1)機械彫刻について

従来のトロフィーや楯などには付属のプレートがあってこのプレートに彫刻し名入れする方法として最も普及している方法です。
全国の記章販売店などでも彫刻機を置いて店頭でもすぐに名入れ可能な店舗も多く色々な種類に対応しています。
彫刻機 ダイヤ彫刻
機械の種類によっては真鍮カップなどの本体に直接彫刻できるものもありますが、一般的にはプレートのような平面を彫刻するものが多いです。

2)レーザー彫刻について

最近ではレーザー彫刻が機械彫刻に変わって導入されることが多くなってきました。機械彫刻との大きな違いはデータ彫刻が容易になったことです。
複雑なマークやロゴを彫ったりすることが比較的簡単にできます。主に表面処理がされたアルミ製プレートやアクリルなどを彫刻しますが、金属を直接彫刻できる種類のレーザーもあります。

レーザー彫刻

レーザー彫刻による彫刻面は表面を極めて薄く削ることができ、ほとんどプリント同様の仕上りになることもあります。彫刻した部分は基本的に色がありません。ラッカーなどの色入れするためには何度も照射して深く彫ることが必要ですが、せっかくのレーザー彫刻の長所である細かい文字や表現の場合深く彫る際につぶれてしまうことがありますので基本カラーの表現は別の方法をおすすめします。

表面の彫刻以外に光学ガラスなどの素材の内部に彫刻する2D・3Dレーザー彫刻もあります。歪みやキズがあると仕上りに大きく影響がでますので比較的歪みが多いアクリルは適していません。光学ガラスでも表面・内部ともに品質のよいものを選定し彫刻します。

3)サンドブラスト彫刻

ガラスを直接彫刻する最もポピュラーな方法です。
データ通りマスキングを作成しガラスに貼り付け砂を吹き付けるとマスキングされていない部分が白く削れます。
サンドブラストについて マスキング

ガラスの他には陶器などもこの方法で彫刻することができ、円柱型は彫刻可能ですが、曲面はマスキングがぴったり貼り付けることができないため彫刻できません。

簡単に説明しましたが、また詳しく各彫刻方法についてご説明することにします。

Comments

comments

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ページ上部へ戻る