「なるほど!」が口ぐせではないですか?

「なるほど!」が口ぐせではないですか?

「なるほど!」が口ぐせではないですか?

よく耳にする表現、間違った使い方していませんか?丁寧なようで実は間違った使い方や本来の敬語とは異なる言葉をご紹介します。ぜひご自身でチェックしてみてください。

ごくろうさまです

「ごくろうさまです」は労をねぎらう言葉としてよく使われる言葉ですが、労をねぎらう行為は目上の人から目下の人に対して行われる行為なので、上司や目上の人にかける言葉としてはNGです。
「お疲れ様です」「お疲れ様でした」と声をかけるのがよいでしょう。

なるほど なるほどです

これが口ぐせになってしまっている人も要注意です。こちらも目上の人に使用すると失礼にあたる言葉です。「なるほどです」は「なるほどそうですね」を略してしまってもちろんダメですが、「なるほど」自体の言葉が納得していないような分かっているのかどうかあやふやな切り返しと思われる言葉です。その場合は「おっしゃる通りです。」や「同じ意見です。」と言いましょう。

了解です 了解いたしました

結構使ってしまっていますが、こちらも目上の人に使用できない言葉です。同僚や目下の人へはOKですが、正しくは「かしこまりました」「承知しました」などがよいようです。

とんでもございません

最近よく耳にする言葉ですが、日本語として成り立たない言葉です。「とんでもない」の「ない」を丁寧に「ございません」としたように見えますが、実は「美しい」「きれい」といった言葉同様「とんでもない」という形容詞で、「勿体ない」と同じように「~ない」は否定する言葉ではないのでおかしな日本語ということになります。正しくは「とんでもないことです」「とんでもないことでございます」となります。

お休みを頂いております

まず「お休み」の「お」、自分の行動や自社の動向に関して敬う言葉を使うのはNGです。そして「頂く」というのは相手からもらうという意味なので、この場合お休みは自社(自分側)から頂いているため敬語として成り立たないということになります。「頂戴」という言葉も同じです。よって「休み(休暇)をとっております」「休んでおります」と表現しましょう。
丁寧すぎるのもダメということです。

お釣りとレシートのお返しです。

店舗のお会計や金銭授受の場でよくある間違いです。お釣りは先にお預かりしたお金を返すため間違いではありませんが、レシートや領収証はこちらで発行したものですので「お返し」という表現はおかしいということになります。「お釣りのお返しとレシートです。」が正しいです。

私自身も気づかず使ってしまっていた言葉もありました。つい「了解です!」とか言っちゃいます。
「すいません」「すみません」もビジネスの場ではNGワードです。
ぜひ参考にしてみてください。

Comments

comments

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ページ上部へ戻る