1+1=2ではない?

1+1=2ではない?リンゲルマン効果とは?

1+1=2ではない?リンゲルマン効果(社会的手抜き)とは?

人間は人数が増えれば増えるほど一人一人のパフォーマンスが小さくなるという現象が起こります。
それをリンゲルマン効果(社会的手抜き)といいます。

綱引きで一人一人の力を計測すると

1人の時=100%、2人の時=93%、3人の時=85%
・・・8人の時=49%

と1人づつの持っている力が減少していく結果が得られたことから綱引き現象とも言われています。

どうして100%の力が出せなくなったのでしょうか?

集団の法則

力が出せなくなった理由は責任感にあるようです。

集団になるとお互いに依存する心が表れ、責任が分散されます。
「誰かがやってくれるだろう」「自分がしなくても大丈夫だろう」
そういった心理が働いて力を発揮しなくなってしまうようです。

ではどうすれば一人一人の力を発揮できるのでしょうか?

モチベーションアップを図る方法

200%・300%~と潜在能力を呼び起こす瞬間が人間にはあるようです。
それは無意識的責任感です。例えば、火事になった時に寝たきりの老人が突然走って外に駆け出したり、車の事故で火災が発生した時にとっさに開かなくなったドアを手で取り外して脱出したりと窮地に陥った状況や自分しか頼ることのない状況が力を目覚めさせます。

その状態を普段から続けることはできませんが、常に100%の力を引き出す方法はモチベーションアップが最も有効です。

①1人だけで仕事を行う

当然自分の責任や力次第で仕事が動いていきます。しかし実社会の特に会社単位では一人で仕事をすることは大変難しいことです。デザイナーや特殊技術者などが当てはまるかと思われます。

②役割を分担する。

役割が一人づつ異なることでその役割においてはその人の実力が発揮されることになります。

③1人づつの仕事量を計る。

同じ仕事をこなす人が数人いれば、一人一人の力量を計れる基準や指標・目標があることがやる気につながります。

④以上の①~③の仕事に対して公平な評価や賞賛をする。

責任感だけではモチベーションを保つことはできません。その結果によって賞賛をしその人を認めてあげることで更に力を発揮するかもしれません。

個人の能力以外の問題点

上記のように個人の能力を引き出すことばかりでは、足の引っ張り合いにならなくもありません。また役割分担された以外の仕事は一切しないなどといった人も中には出てくるでしょう。そうなると一人一人の素質や心が最終的には問題となってきます。

ルールを守りお互いを尊重し誰のためであろうと協力できる志の高い人が集まれば、まさに鬼に金棒!その中でモチベーションを高く持ち続ける事ができれば強い集団になるでしょう。ぜひ自らがこの目指すべき志の高い一人になるよう努力しましょう!

Comments

comments

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ページ上部へ戻る