レーザー彫刻について

表彰記念品のレーザー彫刻について

表彰記念品のレーザー彫刻について

表彰記念品は様々なところにレーザー彫刻が活用されています。
その中のいくつかをご紹介します。

アルマイト染色プレート

アルマイト染色プレート プレートの表面をレーザーで削り取ることで生地の
金属色が出てきます。深く彫ることはできませんが、
印刷したようなくっきりした仕上げになります。

アクリル製の部材および記念品

アクリル製の部材および記念品 透明アクリルにレーザー彫刻した部分が白くなります。
カラーアクリルやミラーアクリルは彫刻しても目立ち
にくいため色入れ処理をすることがありますが、傷が
つきやすいので透明アクリルには色入れはあまり行い
ません。
また彫刻には熱に強いキャスト材を使用します。
押し出し材は不可です。
アクリル製の部材および記念品 細かいデータが表現できますが、逆にベタ面が広いと
ムラができやすいので避けた方がよいでしょう。
色入れが必要な場合は深く彫っておく必要があり線が
太くなりますので特に細かいところはつぶれやすく
なります。
写真や画像もある程度は表現できますが、ドット(点)
で表現しますので限りはあります。

木材や竹でできた楯板

木材や竹でできた楯板 無垢材やレーザー彫刻加工用に処理された木材や竹材を
使用します。無垢材や竹材は彫刻したところが熱のため
変色するのではっきりと彫刻できます。普通のシート
張りの材料は使用できませんので、レーザー彫刻加工用
の処理がされたものか塗装されたものを使用します。

表面処理された加工プレート

表面処理された加工プレート 彫刻用に処理された真鍮プレートは彫刻した部分が
金属の鏡面のような光沢が出ます。

ガラス製品

ガラス製品 ガラスの表面にレーザー彫刻することもできますが、
表面加工よりも2D加工/3D加工といった光学ガラス
の内部に彫刻する方法が用いられることが多いです。
その方法では2つのレーザーの焦点を彫っていくため
表面を削らずに彫刻することができます。
平面データや文字なら厚みをつけた2D加工、立体物
を立体感をつけて彫刻する3D加工があります。サン
ドブラスト加工では表現できなかった写真やグラデー
ションの表現が2D加工では比較的可能です。

金属製品

YAGレーザー・YVO4レーザー・ファイバーレーザーなど金属製品を得意とするレーザーで彫刻します。CO2レーザーも出力が高いものは金属も彫刻可能ですが、弱いものは反射が強く金属の彫刻には不向きです。

Comments

comments

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ページ上部へ戻る